>

自宅で暮らす家族のことを考えよう

バリアフリーを考慮したトイレにしよう

高齢者が弱って、1人で用を足すのが難しいかもしれません。
手すりがあると、上手く便座に1人でも座ることができます。
誰かがそばにいない時に、トイレに行きたいと思うかもしれません。
その時にガマンしなくても良いよう、手すりを備えましょう。
高齢者の中には、便座の位置が低いと使いにくく感じることがあります。

その場合は段差を備えることで対策ができます。
常に段差を出していると、他の人が使いにくいと感じるかもしれません。
取り外しができる段差を、トイレに備えてください。
すると、家族みんなが使いやすいトイレになります。
人間が生活を送る時、必ず用を足します。
ですから、トイレのことでストレスを感じないようリフォームをしましょう。

手洗い場があると便利になる

通常は、便器の上のタンクから流れる水で手を洗うと思います。
大人であれば簡単に手が届くので、何も問題を感じません。
ですが小さい子供は、タンクの上まで手が届かない可能性があります。
手洗い場を設けることで、子供でも用を済ませた後にすぐ手を洗えます。
洗面所に行って手を洗っても良いですが、子供は面倒に感じてしまうことがあります。
すると、トイレの後に手を洗わないことが習慣になるかもしれません。

それは非常に不衛生なので、子供でも手を洗えるよう手洗い場を設置しましょう。
手洗い場を設ける時は、水道官の関係で設置できる場所が限られるケースが多いです。
リフォームをしてくれる業者と相談して、どの位置に作れば良いのか決めてください。


この記事をシェアする