許されているカスタマイズなのか

法律に関しても教えてくれる

もし自分が法律を違反したカスタマイズをしようとしていたら、止めてくれるスタッフが安心できます。
パーツの長さや色が細かく指定されているので、初心者は気づかずに法律を違反してしまうかもしれません。
しかし警察に見つかった時に、知らなかったというのは理由になりません。
法律を違反していることには変わりがないので、捕まったり罰金を支払うことになります。

カスタマイズしている時にスタッフが指摘してくれれば、法律をしっかり守れます。
自身がなかったら、おかしなカスタマイズをした時にすぐ指摘してほしいとスタッフに伝えておきましょう。
カスタマイズが終わってから指摘されても、修正するのが大変です。
その時に指摘してもらってください。

一緒に作業すれば安心できる

スタッフと一緒に、作業するのがおすすめです。
するとカスタマイズに関する法律から、パーツの装着方法まで具体的に教えてくれます。
この時に学習すれば、次回からは1人でも車をカスタマイズできるかもしれません。
多くの車の知識をもった信用できる人が必要なので、最初に少し質問してください。

その質問に全て、スムーズに答えることができたら、豊富な知識を持っていると判断できます。
しかし答えるまで時間が掛かったり、答えても説明が下手なスタッフだったら避けましょう。
これからずっと車に関することを聞いたり、お世話になると思ってください。
ですから、心から信頼できるスタッフを見つける必要があります。
妥協しないで判断しましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top